ロンバードストリート

サンフランシスコには面白い観光スポットがあります。その名も" ロンバードストリート "(Lombard Street)!!

このロンバードストリートは

世界で一番曲がりくねったストリートです。

サンフランシスコの観光ガイドには必ずと言っていいほど紹介されるこのロンバードストリート。

少し風変わりなこのストリートはその姿を一目見ようと世界中から観光客が訪れています。
特に夏場は1日に約2万人の人々が訪れるとか。

今回はそんな ロンバードストリート について紹介します!!

スポンサーリンク

ロンバードストリート ~Lombard Street~

ロンバードストリート

ロンバードストリートはサンフランシスコの北部にある坂道のことでたった200mの坂道を8回も曲がって下っていきくかなり急勾配な坂道です。

サンフランシスコの閑静な住宅街の中にいきなり現れます。上から下(地図でいうと左から右)への一方通行になっています。

ロンバードストリート

実はロンバードストリートはあの曲がりくねった道のみのことを呼ぶのだけではなく、この東西に伸びている赤線部分のことを指します。

あの曲がりくねった箇所のみを指す名称はなく、どんなガイドブックやサイトでも「ロンバードストリート」として紹介されています。

これが結構人気らしく、私も街を歩いているとよく「ロンバードストリートはどこにある?」と尋ねられました。

ロンバードストリートのトラベルガイド(英語サイト)

スポンサーリンク

ロンバードストリートへのアクセス

ロンバードストリート アクセス

ロンバードストリートはサンフランシスコのダウンタウンから比較的、近くにあります。
アクセスは車かケーブルカーをおすすめします。

車ですとダウンタウンから10分で行くことができます。

レンタカーもいいですが手軽に行きたい方は、配車サービスUberもおすすめです。

以下のリンクよりクーポンコード「yutoy18ui」を入力することで今なら15ドル分のクーポンをGETできるページあります↓↓

レンタカーで行く場合、専用の駐車場はありませんがロンバードストリートを下って行くとパーキングがあるのでそちらを利用するのがいいでしょう。

ケーブルカー

ロンバードストリート

「せっかくサンフランシスコに来たんだからケーブルカーに乗りたい!!」と考えている方も多いかと思います。
ロンバードストリートの付近にはケーブルカーの駅があるのでとてもおすすめです。

ダウンタウンにあるパウエルストリート&マーケットストリート駅から乗車し、ハイドストリート&ロンバードストリート駅で降車するとすぐ近くに着きます。

ロンバードストリートまでのアクセス
ダウンタウンにあるPowell St&Market StにてBeach+Hyde線に乗車→
Hyde St&Lombard Stにて降車所要時間:20分
スポンサーリンク

ロンバードストリート に行ってきた!!

私は8月に行ってきました。
午後3~4時ごろでしたが観光客で溢れかえっていました。

まさかこんなに人がいるとは思っていなかったのでかなりびっくりしました(笑)

ロンバードストリート

ケーブルカーを降りて少し歩いていると、「Welcome to Lombard Street and Gardens」の看板が出迎えてくれました。

ロンバードストリート

ロンバードストリート というよりはサンフランシスコの街の特徴ですがかなり傾斜があります。
そのおかげでロンバードストリートからはサンフランシスコの美しい街並みを眺めることができます。うっすらとコイトタワーも見えます。

ロンバードストリート

曲がりくねった道の横には普通の坂道もありました。
この坂はかなり急で結構体力を使いました(笑)

ロンバードストリート

坂を下って行きました。下から見るとこのような感じです。
左右は普通の住宅ですので下っている最中にガレージがあり驚きました。毎日あそこから車を出していることを想像すると、、、、、、、

車もかなりの数が通っていましたが、ほとんどは「ここを通ってみたいチャレンジャー」だと思います、、、、、
横のアベニューには普通の坂道がありますから(笑)

ロンバードストリート

この日は夏の観光シーズンでもあったので本当に人が溢れかえっていました。
一度は車で通ってみたいものです!!

サンフランシスコに行ったらロンバードストリートに行ってみよう

ロンバードストリートは世界一曲がりくねったストリートで、他の観光スポットとは変わったスポットです。
行って見ると周りには花壇もありどこか美しさも感じられます。

ダウンタウンからも簡単に行くことができるので1日使うこともありません。

そこからはケーブルかーでサンフランシシスコの港町”フィッシャーマンズワーフ”へ行くことができるので、併せて行ってみてはいかがでしょうか^^?

スポンサーリンク