NBA観戦

”アメリカでNBAを観戦したい”
という方のために
ロサンゼルスで何回もNBA観戦をしたことがある僕が

NBA観戦の魅力やチケット購入方法を紹介します!

管理人 ユウト
ルールを知らなくても会場の一体感がたまらなく楽しいです!
世界最高峰のバスケットボールリーブであるNBAはその競技レベルは超一流です。
それだけでなく観客を飽きさせない工夫やスタジアムの一体感がとても強く
”その競技に詳しくない方でも楽しむことができる”ことが特徴です。
この記事を読むとわかるようになること
・NBAの試合の雰囲気
・NBA観戦の際の注意点
・試合のチケットの購入方法
【この記事を書いている筆者】
バスケ歴13年
NBA視聴歴10年
ロサンゼルスにて4回のNBA観戦経験有り
今回は日本からも近く、NBAも2チームあるロサンゼルスを例に挙げて紹介していきます。
スポンサーリンク

NBA観戦は簡単です

NBA観戦

はじめに一つだけ言いたいことがあります。

NBA観戦は”バスケ未経験者”や”NBAに詳しくない方”でも間違いなく楽しむことができ、誰でも簡単に観戦をすることができます。

 

管理人 ユウト
日本にいながらチケットを購入できますよ!

 

NBAは世界最高峰のバスケリーグ

NBA 観戦

NBAとは”National Basketball Association”の略称であり北米の男子プロバスケットボールリーグです。

八村選手や渡邊選手がプレイしていることもあり、日本でも取り上げられるようになってきました。

シーズンは10月~6月

NBAの1シーズンは10月〜6月です。

10月〜4月中旬までレギュラーシーズンを闘い順位を争います。

その後東西のカンファレンスの上位8チームが4〜6月までのプレーオフを闘い、勝ち上がった上位2チームでそのシーズンのチャンピオンを決める闘い”NBA Finals”を闘います。

NBAの1シーズンの流れ
10月~4月中旬:レギュラーシーズン(順位争い)
4月下旬〜5月下旬:プレイオフ
5月下旬〜6月中旬:NBAファイナル(優勝決定戦)

国際ルールとは違う独自のルール

NBA観戦

NBAのルールはBリーグやFIFAの国際ルールとは異なります。

NBA独自のルール
・試合時間は12分×4クォーター制(国際ルールは10分)
・6ファウルで退場(国際ルールは5つ)
・3ポイントラインは少し遠い
・ハーフタイムは15分
などがあります。
他にも色々とあるのですが、バスケ経験者の方はこの辺りを意識していればいいです。

どの都市で観れる?

NBA観戦

Sports league mapsより引用

 

NBAチーム数は全30チームでアメリカの各都市を拠点にした29チーム、カナダのトロントを拠点にした1チーム。

大きく分けて”イースタンカンファレンス”と”ウェスタンカンファレンス”で15チームずつに分けられます。

NBA観戦ができる都市
【イースタンカンファレンス】
・アトランタ
・ボストン
・ブルックリン
・シャーロット
・シカゴ
・クリーブランド
・デトロイト
・インディアナ
・マイアミ
・ミルウォーキー
・ニューヨーク
・オーランド
・フィラデルフィア
・トロント
【ウェスタンカンファレンス】
・デンバー
・ダラス
・サンフランシスコ
・ヒューストン
・ロサンゼルス
・ミネソタ
・メンフィス
・ニューオーリンズ
・オクラホマ
・フェニックス
・ポートランド
・サクラメント
・サンアントニオ

ロサンゼルスやニューヨークには2チームある

ロサンゼルスやニューヨークといった大都市にはNBAチームは2チームずつ、本拠地を置いています。

中でもロサンゼルスを拠点とする
”ロサンゼルスレイカーズ”
”ロサンゼルスクリッパーズ”は使用するアリーナも同じです。

管理人 ユウト
同じアリーナでもチームによってチケットの価格が異なります!

ロサンゼルスでのチーム選び

NBA観戦 ロサンゼルス
同じロサンゼルスのチームでも
”レイカーズは歴史と伝統があるチーム”
”クリッパーズは新興勢力”という位置付けがされています。
チケットの値段もレイカーズの方が高く、クリッパーズは比較的安価です。
なのでチケット選びの際は
  • 歴史と伝統のレイカーズ
  • コスパの良いクリッパーズ
を基準に選ぶことがオススメ!
スポンサーリンク

チケットの入手方法

NBA観戦

NBAのチケットはNFLと同様にインターネット上のチケットサイトで入手します。

その他にも
”HISやJTBなどの旅行代理店のNBA観戦ツアー”や"日本の代理店であるviagogo"

購入することができます。

NBAの試合のチケットの入手方法
・日本にいながらチケットを購入することができます。
・チケットを購入する際は以下のいずれかのサイトから購入すれば間違いありません。
・当日、アリーナにて購入できるチケットもありますが、高いです。

公式サイトにて購入する(英語)

NBAのチケットはticketmasterStubhubVividSeatsなどのチケット販売業者を通して購入します。

管理人 ユウト
どの会社もNBAとパートナーシップを締結している大手の会社なので安全!

 

どのサイトも電子チケット(e-ticket)なので試合当日は送られてきたQRコードをスマホで見せるか、印刷して持参します。

HISやJTBの日本発着ツアーを利用する

NBA観戦

「英語も苦手だし、楽で確実に行ける方法が知りたい!」という方は
HISやJTBなどの日本の旅行代理店を利用することがオススメ。

JTBは募集型なので、確実に行くことができるHISを利用しましょう!

【HIS】 NBA観戦ツアー

HISやJTBのNBA観戦ツアー
【内容】
・5.6日間であることが多い
・往復航空券
・ホテル
・NBA観戦チケット他にも様々なオプショナルツアーが組み込まれていることがあります。

HISのNBA観戦ツアー

HISで現在開催されているNBA観戦ツアーはロサンゼルス 、ニューヨーク、ワシントン、トロントをはじめ10都市以上の目的地があります。

管理人 ユウト
僕も初めて行った時はHISを利用しました!

 

主に東京発着や関西発着ですが、中部などの空港からも行くことができるので
是非とも利用してみましょう!

ツアーのみでなく、チケットの手配も行っています!

日本のチケット購入代理サイトを利用

NBAのチケットは日本の代理店でも購入することができます。

日本語なので簡単に購入することができますが、手数料が加算されるので
チケットの料金は高くなってしまいます。

viagogoでNBAチケットを購入する

日本の代理店を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

日本の代理店のメリット、デメリット
【メリット】
日本語で購入することができる
(英語ができない方でも安心)
【デメリット】
手数料が加算され、チケット料金が高額になる
スポンサーリンク

NBA観戦の際の持ち物

NBA セキュリティ

アメリカでプロスポーツを観戦する際
金属探知機があるなどスタジアムに入るまでの警備体制が非常に厳しいです。

特にNFLは厳しくバックパックなどは持ち込めず、カバンを持ち込む場合は透明でないといけません。

NBA カメラ

NBAはそれほどではありませんが、カメラの持ち込みは禁止されているので写真撮影はスマホのみ可能です

せっかくなのでカメラで撮影したくなるかと思いますが我慢してスマホで写真を撮るようにしましょう。

NBA観戦の際に必要なもの&あると便利なもの
必要なもの
・チケット
・財布
・スマホ
・パスポート(お酒を買う時やクレジットカードを使う際の身分証明になります)
あると便利なもの
・オペラグラス(遠くの席からもコートを見ることができます)

ロサンゼルスでNBA観戦をしてきた

NBA観戦

チケットを購入したら後は当日、会場に行くのみです。

今回、僕はロサンゼルスクリッパーズのホームアリーナである
ステイプルズセンターへ行きました。

【住所】
1111 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90015
Google mapで場所を見る
NBA観戦
ステイプルズセンターの近くにはLAライブ(L.A. Live)という
エンターテイメント施設があります。

アリーナの外も大盛り上がり

NBA観戦

カリームアブドゥルジャバーの銅像 NBA通算得点 歴代1位です

ステイプルズセンターの外には往年の名選手の銅像が多数あり、写真撮影スポットになっています。

そのため試合開始前から外で盛り上がりを見せていました。

NBA観戦

5度の優勝をもたらしたマジックジョンソン

NBA観戦 ロサンゼルス

2000~02に3連覇を達成したシャキールオニール

最近ではハリウッドでも見られるような
CDの押し売りをしているのが
よく見られるので”何を言われても全て無視しましょう!”

管理人 ユウト
無視が一番です!

アリーナ内

NBA観戦 ロサンゼルス

セキュリティを抜けた後は座席に向かうもよし
チームショップでグッズを購入するか試合観戦中に食べるものを買うもよし
試合に備えましょう!!

チームショップ TEAM LA

NBA観戦 ロサンゼルス

アリーナ内にはチームのグッズを売っているショップがあり
ここでユニフォームやTシャツなどのグッズを買うことができます。

アリーナ内のフードショップ

NBA観戦

アリーナ内には食べ物が持ち込めないので
中にあるフードコートにて購入しなければなりません。

NBA観戦 食べ物

試合時間はおよそ、2時間半~3時間に及ぶので
試合前に買っておくのが無難です。

管理人 ユウト
お酒を飲むならパスポートを忘れずに!

 

早めに入れば選手のアップを見れる

NBA観戦

クリッパーズのエース ポールジョージ

早めに入場すると、選手の個人アップを撮影することができます。

NBAは全席指定なので、試合が始まった後は席を移動することができません。

もし、上の席をとってしまった場合はこのように
早めに入場し前方の席で選手のアップを撮影するのもおすすめ!

NBA観戦

ジャズのエース ドノバンミッチェル

試合も当然おもしろい

NBA観戦

今回はクリッパーズVSジャズの試合を
200番台の席で観戦。

管理人 ユウト
敵チームへのブーイングが凄かった!

 

クリッパーズの試合で200番台だと
およそ10,000~20000円で観ることができます。

NBA観戦

300番台などの上の方の席は
コート上の選手がほとんど見えないので
モニターで観ることが多いです。

NBA観戦 ハーフタイム

タイムアウトや各クォーター間はチアガールが
ハーフタイムにはショーが催され
常に観客を飽きさせない工夫がされていました。

アメリカへ訪れたら是非NBA観戦をしよう!

NBA観戦

今回はNBAの観戦方法について紹介しました。

アメリカのプロスポーツは一種のエンターテイメントショーに近いもので、観客を目一杯楽しませる工夫がたくさんあります。

ホームチームを応援する時の会場の一体感には非常に驚かされました。

アメリカのスポーツ文化はとても熱狂的であり、街をあげてチームを応援します。
皆さんもアメリカに訪れた際は、スポーツ観戦をしてみてはいかがでしょうか?

サンフランシスコでアメフトを観戦した時の記事もあるのでよろしければご覧ください^^

スポンサーリンク