【ダウンタウンだけじゃない】 サンフランシスコ 観光 郊外編

サンフランシスコにはダウンタウン以外にも車や電車で行ける郊外にも様々な観光スポットがあります。

その辺りにはAppleやGoogleなどのハイテク企業が集まるシリコンバレーやヨセミテ国立公園などの自然公園もあるのでサンフランシスコの別の顔を見ることができます。

郊外にも色々と観光スポットがありどこも素晴らしい所ばかりなので、今回はサンフランシスコのダウンタウンから電車で1時間以上もしくは車を利用して行くことができる観光スポットを8つ紹介したいと思います。

この記事で紹介していること
サンフランシスコの郊外にあるオススメの観光スポット8選
スポンサーリンク

サンフランシスコの観光スポットは郊外にもたくさん

サンフランシスコ 郊外 観光

サンフランシスコのダウンタウンはとてもコンパクトなため市内の観光地はバスや電車だけで回れてしまいますがそれだけでは勿体ないです。

郊外にも楽しい観光スポットがあり、どれもダウンタウンから比較的近くにあるのでレンタカーやツアーを利用して日帰りで行くことができます。

大きく分けるとサンフランシスコの北、東、南に分けることができ、今回紹介する観光スポットは以下の通りです。

サンフランシスコの北側
・サウサリート
・ナパバレーサンフランシスコの東側
・プレミアムアウトレット
・ヨセミテ国立公園サンフランシスコの南側
・サンノゼ
・サンタクルズ
・パロアルト
・モントレー
・マウンテンビュー

特に南側の5つの街はそれぞれ近くにあるので1泊2日もあれば全て訪れることができます。

サンフランシスコ・プレミアム・アウトレット

サンフランシスコ 郊外 観光

日本では静岡の御殿場や岐阜の土岐にあるものと同じ系列のアウトレットでサンフランシスコ郊外のLivemoreという所ににあります。

アバクロやリーバイス、コーチをはじめとした様々なブランドが入っており、かなり大幅なディスカウウントがあるので日本で買うよりも断然お得に買うことが出来ます。

また、ウェルカムセンターに行けばパスポートを提示することによりクーポンをゲットすることが出来ます。

アクセス

ダウンタウンからはBARTを乗り継いで約2時間で行くことが出来ます。

BARTステーションよりBARTのブルーライン (Dublin/Pleasanton行き)に乗車Dublin/Pleasanton駅にて降車、

そこからE BART 駅から14番のTransit Center行きへに乗り換えをし、その後Jack London Blvd & Outlets EB駅にて降車し、そこから5分ほど歩けば到着です。

車ですと40分で着くので、時間を節約したい場合はレンタカーやUberなどで行くのもいいと思います。

サン・ノゼ

サンノゼはサンフランシスコの南にある都市であり治安が良く安心して観光ができる街で、AppleやFacebook、Googleなどの多くのハイテク企業が集まるシリコンバレーとして知られています。

サンフランシスコとは違い、温暖な気候でとても過ごしやすいです。

アメフトチームのSan Francisco 49ersのホームスタジアム、リーバイススタジアム(Levis Studium)があります。

サンノゼ

アメフトは全米でダントツに人気のあるスポーツなのでシーズン中(8月〜2月)に訪れた際には是非とも観戦することをオススメします。

サンノゼへはダウンタウンからカルトレイン(Cal train)に乗って行くことが出来ます。

サンノゼまで電車で行く方法
Caltrain(カルトレイン)
サンフランシスコのダウンタウンにある4th St & King Stにて乗車しTamien駅にて降車所要時間:1時間40分
運賃:9ドルです。

サンノゼに行った際に人生初のアメフト観戦に言った時のことを以下の記事で紹介しているのでご参考にしていただけると幸いです^^

マウンテン・ビュー

サンフランシスコ 郊外 観光

マウンテン・ビューは前述したサンノゼの少し北にある都市です。

都市の規模はそこまで大きくないのですが、ここにはAppleやGoogleの本社があり、それぞれ無料で敷地内へ入ることが出来ます。

アップル 本社

サンフランシスコは世界有数のハイテク企業が集まるシリコンバレーとして有名なので是非とも訪れてみることオススメします。

パロ・アルト

マウンテン・ビューからさらに少し北にあるのがパロ・アルトです。

ここにはテスラ・モーターズやヒューレート・パッカードなどのハイテク企業が集まっています。

また、ここには世界的に有名なスタンフォード大学があります。

スタンフォード大学は広大な敷地(東京都杉並区と同じ面積)をもち、周りきるには時間も体力も必要で、学生はキャンパス内を自転車やバスで回るそうで敷地内には道路と標識があちこちにありました。

スタンフォード大学

最近、125周年を迎えました。中にはキャンパスグッズが売られているショップがありました。

スタンフォード大学

日本の大学とは違って建物が歴史的で一つ一つが綺麗でした。

海外の大学キャンパス巡りは楽しいので皆さんも是非とも試してみてください^^

シアトルに行った際にワシントン大学に訪れましたが”アメリカで最もクールな図書館”や”アメリカで最も絵になる噴水”があり、多くの観光客が訪れていました。

サンタクルズ

サンタクルズはサン・ノゼから更に南にある都市です。

サンフランシスコからは車で2時間の距離にあり気軽に行くことができます。
ここはアメリカで初めてサーフィンが始められた場所として有名です。

サンタクルズ

サーフィンが始められた地だけあってビーチ沿いが栄えていました。
この日の天気はあいにくの曇りでしたが多くの人がビーチにて遊んでいました。

サンタクルズ

また、サンタクルズには「サンタクルズ・ビーチウォーク」というビーチに沿った縦長の遊園地があり、家族で遊びに来ても楽しめる場所です。

曇っているので雰囲気が伝わりませんね(笑)

サンタクルズ

少し歩くと小さな丘がありそこから全体を眺めることができます。

サンフランシスコ 郊外 観光

晴れているとこのようにとてもカラフルな景色を眺めることができます。

モントレー

サンフランシスコ 郊外 観光

モントレーはサンタクルズから車で南へ1時間走らせたところにある街です。

水族館などがありますが、他にこれといって名物はないのですが海がかなり綺麗です。
静かな街なので都会の騒音を忘れてのんびりしたい方にオススメ^^

サンフランシスコ 郊外 観光

また近くにカーメル(Carmel)という街があるのですがそこに行くまでの道に"17マイルドライブ"があり、全米屈指の美しいドライブコースとも言われています。

USオープンが開かれる「ペブルビーチゴルフフリンクス」という有名なゴルフコースがあります。

サウサリート

サンフランシス 郊外 観光

サウサリートはサンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを挟んだ対岸にあるリゾート地でサンフランシスコのフェリービルディングやフィッシャーマンズワーフからフェリーで行くことが出来ます。

サウサリート

おしゃれな街並みやレストラン、ヨットハーバーがあり落ち着いた印象でサンフランシスコから日帰りで旅行をする人が多く、街も賑わっています。

サンフランシスコからサウサリートまでのフェリー
所要時間 30分
費用 12.5ドル

サンフランシスコ 観光

サウサリートの定番アイスクリーム屋さん、Lappert's Ice cream です。
ハワイ発らしく様々な味があり、とても美味しかったです。

サンフランシスコ 観光

1スクープは2.5ドルですがかなり多かったです。

なお、サウサリートについては以下の記事で紹介しているのでご参考にして頂けると幸いです^^

ヨセミテ国立公園

サンフランシスコ 郊外 観光

サンフランシスコからベイブリッジを挟んだオークランドの先にあります。
年間350万人の観光客が訪れ、全米で一番人気のある国立公園として知られています。

サンフランシスコからは車で行くこともできますがバスを使った日帰り観光1泊2日でロッジに泊まることができるツアーがありオススメです。

ナパ・バレー

サンフランシスコ 郊外 観光

ナパ・バレー(Napa Valley)はサンフランシスコから車で北へ1時間半の所にある、世界有数のワインの名産地です。

ワインづくりに適した気候と地理的環境により古くからワインづくりが盛んで、400以上のワイナリーがあります。

ワイナリーを巡るツアーもあるのでワイン好きの方は是非とも行ってみましょう^^

スポンサーリンク

サンフランシスコは郊外も楽しい

最後まで読んでいただきありがとうございます。

サンフランシスコにはダウンタウンの他、郊外にも様々な観光スポットがあります。

またほとんど車で行くことができるので、せっかくの機会にレンタカーでアメリカをドライブするのもいいかもしれません。
25歳以下の場合、割増料金がかかってしまいますが簡単にできるのでオススメです。

本記事がサンフランシスコ旅行を考えている方のお役に立てれば幸いです。

また、サンフランシスコのダウンタウンを中心に近郊や電車で20~30分で行けるところも紹介しているのでご参考くだされば幸いです。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事