【人生とは旅】旅行とバスケを愛すブロガー山北の プロフィール

旅行ブログ「タビログ」を運営しているヤマキタ (@3yut0) です。

当ブログを開設してかれこれ半年ほど経過しました、肝心な プロフィール を記載し記載していなかったので
知り合い以外の方からは「こいつ何者やねん」という状態が続いていました。

今回はそんな「誰やねん」な状態を解消するためにも
僕の過去について紹介したいと思います。

最後には僕が目指しているライフスタイルについて紹介します^^

少し長文にはなりますが目を通していただけると嬉しいです^^

スポンサーリンク

大まかな経歴 プロフィール

プロフィール

名前:山北裕斗(ヤマキタユウト) ♂
1994年生まれ
出身地:三重県
大学卒業まで三重県で暮らし、就職とともに単身愛知県へ。

現在はメーカー勤務の会社員です。(今の職場はいつでも休めるので旅行に行きやすいです)

趣味:バスケ、筋トレ、旅行、お酒、、、etc

スポンサーリンク

やんちゃだった小学校低学年/7年間続けた水泳

プロフィール

三重県で伸び伸び育ち地元の小学校に入学します。当時の僕はとても落ち着きがなかったらしく、通信簿は「△がんばりましょう」(確かこんな表記だった気がします、、、)ばかりで廊下に立たされてばかりいました(笑)

両親の決死のしつけのおかげで小学校3年生ごろから「◎よくできました」が多くなりいつの間にかやんちゃな僕はどこかへいってしまいました(笑)

小学校時代は色々ありましたが、友人にも恵まれ本当に良かったです。今でも付き合いがあり定期的に集まっています。
(ちなみにゆとり世代なので小学校1年生以降は土曜日に学校はありませんでした。)

小学校に入学する前、僕は泳げませんでした。むしろ洗顔すらも怖いレベルでした。
それを危惧した両親が僕を地元のスイミングスクールへ入学させることを決意し嫌がる僕を無理やり連れて行きました。
その後は両親もビックリ、なんと前述した通り水が嫌いだった僕はそれを克服し小学校卒業までの7年間、水泳を続けました。

7年間ほとんど休むことなく。
唯一休んだのが交通事故にあった時くらいです。

スポンサーリンク

バスケと出会った中学校時代

プロフィール

地元の公立中学校に入学しました。
小学校卒業と同時にスイミングスクールをやめた僕は水泳の代わりに続けられるスポーツを探していました。そこで出会ったのがバスケットボールです。
当時はあまり知らなかったので”とりあえず”というのが正直な感想です。

プロフィール

レブロンジェームス

この時くらいからNBAを見るようになり、少しづつNBAにハマっていきました。
見始めた当時から今も好きな選手は”レブロンジェームス”です。

中学校の部活は強豪校ではなかったので大会も1回線敗退ばかりでした。
今思うと「ミニバスからバスケをやりたかった」とすごく思います。

英語で挫折しかけた学業面

ちなみに学業面はこの頃からなぜか国語が苦手になりました。
古典も現代文も両方とも苦手でした。

英語は”Does”が出てきたあたり(三単現のS 三人称 単数 現在形でしたっけ?)で1度挫折しかけました。テストもこれまでにとったことのないような恐ろしい点数を取りました。
本当にわけがわけがわからず「なんやねんこれ!!」と心の中で嘆いていました。

しかし僕にもプライドがあったのか「次のテストでリベンジや!」と誓いもう勉強しました。
その結果、次にテストでは高得点を取ることができそれ以降も高校時代まで英語だけは高得点でした。

最終的に中学校卒業の内申点は4.4(5点満点)と学年の中でも高得点でした。←これを言うと多分色々な人に「絶対嘘や!」って言われます(笑)

青春を謳歌した高校時代/人生の全盛期?

プロフィール

高校時代の僕です

高校は地元の自称進学校に入学しました。
その理由も「高校受験が早く終わるから」というしょうもない動機で受験したもので、その高校の前期選抜という一種の推薦枠のようなものを勝ち取り入学しました。
当時、母校の同試験の倍率は7〜8倍でした。

周りにも恵まれ本当に濃かった3年間/全国大会にも出場

プロフィール

高校時代のユニフォームです。(画像が汚すぎる、、、)

部活は迷うことなくバスケ部に入部。

母校はバスケの強豪校で先輩も後輩も同僚も本当に上手くて中学校とのレベルの差に驚きました(笑)
必死に食らいつく覚悟で「僕の高校時代は全てバスケに注いだ」と言っても過言ではありません。

部活は毎日あり年間の休みもほとんどありませんでしたが全国大会にも出場することができ人生の中でもかなり濃い3年間を過ごすことができたと思います。

 

また友人や先生方にも恵まれ部活以外もかなり充実していたので個人的には”人生の全盛期の1つ”だと思っています。
(勝手に自分で言っているだけです)

部活引退と大学受験

3年の夏の大会が終わり僕は部活を引退し受験勉強に勤しむことになります。

実際には部活は冬の大会まで続けることができたのですが当時の僕は国公立大学を目指していたのと遊びたかった(笑)こともあり夏の大会後に引退を決意しました。

その後は夏休みが終わるまでは自分でもビックリするくらいの集中力でしたがその後に謎の燃え尽き症候群が発生し、結局大学も指定校推薦という99%合格する試験にシフトしました(笑)

 

中学時代に引き続き内申点では謎の高得点を叩き出していた僕(5点満点中4.7点)は指定校推薦の出願先を選び放題でした。
そこで京都の大学と愛知の大学の2択で迷っていた僕は1人暮らしで親に負担をかけたくないという理由で愛知県の大学へ進学することを決意します。

旅と出会い筋トレに目覚めた大学時代

プロフィール

自由な時間がかなり増えた大学時代。
色々なことに出会うことができ、色々なことを知ることができました。

大学入学時の僕が今の僕を見ると間違いなくビックリします^^

バスケサークルに入りました。学祭や飲み会、大会に出場したりとかなり充実していました^^
入学当初はややウェイ系でした(笑)高校時代の友人から「周りで1番リア充」ってよく言われました、、、、。

ノリで決まった初めての海外旅行/旅が好きになったキッカケ

プロフィール

僕の初めての海外旅行は大学2年次にノリで行ったグアムでした。
その頃は旅には興味が全くありませんでしたが今思うとそこで行ったグアムが僕が旅を好きになるキッカケになったと思います。

その頃は英語は全く話せず、苦労しましたが初めての海外旅行は何もかも新鮮に見えて本当に充実しました。
コーヒーすら注文できず2杯買わされたのもいい思い出です(笑)

その後も大学時代にはロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコ、サンノゼ、グランドキャニオンに行きました。
アメリカしか行ったことがなのでアメリカ以外の国に行きたかったです。

価値観がかなり変わったサンフランシスコ留学

プロフィール

語学学校の卒業式

就活も終わった大学4年次の夏休みにサンフランシスコに1ヶ月だけ留学へ行きました。
自分で行くことを決めたのに着いた時は「早く帰りたい」と思っていました(笑)

この留学で英語を少しでも喋れるようになりたかったので僕は”日本語を一切喋らない””日本人と連まない”と決めていました。
無理やり「生活するためには英語を喋らないといけない状況」を作り出し自分を追い込んでいきました。

プロフィール

その結果、台湾や韓国などのアジア圏やヨーロッパ、ラテン語圏の友人ととても仲良くなることができました。
色々な国の人たちの色々な考えや文化を知ることができ自分の世界が広がった気がします^^

皆、日本のことが好きでした。特に寿司が好きで毎日のようにランチで日本食を食べることが多かったです(笑)

今でもSNSで近況を見ることやたまにですが連絡を取ることがあり、とても刺激を受けています。
1ヶ月という短い時間でしたがあっとゆう間に過ぎていき、「帰りたくない!!」と思うほどでした。

今思うと長期間や複数回行きたかったです。

筋トレ/旅がきっかけでのめり込むように

プロフィール

高校時代から部活で筋トレをしており「大学時代でも身体がなまらないように」といった理由で続けていました。
しかしその考えは初めて行ったロサンゼルスで一変します。

アメリカで見かけた無数のマッチョ達、、、
自分の体が情けなく思えました。

 

そこから僕は筋トレにより力を入れるようになり、当時ベンチプレスも60kgを上げるのが限界でしたが
大学卒業時には90kgまで上げることができるようになりました。

友人どころか親からも「以前とは別人」とよく言われます(笑)

現在

2019年1月現在、僕は某メーカーで会社員をしています。
残業もほとんどなく、終業の時間になるとすぐに帰宅します。

帰宅後はジムに行ったりブログを書いたりしています。
Amazon PrimeやNetflix等で英語のドラマや映画を観ながら英語の勉強をしています^^

 

会社以外で自分のコミュニティを作りたいと思い日々奮闘中です。

振り返ってみると

振り返ってみると僕の人生は常に周りの環境に恵めれていました。
現在もそうだと思っています。

今でも僕を昔の集まりに誘ってくれる小学校、中学校、高校、そして大学の友人。
さらに会社の同期など皆には本当に感謝しかありません。

今後の人生/目指しているもの

プロフィール

”1度きりの人生、後悔したくない” ”もっと世界を知りたい”

僕は最近、常にこう思っています。
いつ自分の人生に何が起こるかわからない。だから後で振り返って後悔したくない。

 

旅に関していうと”自分が行きたいと思った場所には必ず行く”と心に誓っています。
アメリカ国内でもまだまだ行ったことない場所もありますし
それ以外にもヨーロッパや東南アジア、南米諸国も行きたいと思っています。

 

なのでブログのサブタイトルである”Life is a journey”のように旅のみならず常に探究心を持って
自分を磨きたいと思っています。

 

気軽にメッセージをください!!

プロフィール

Facebook Yuto's Travel Blog
Twitter  Yut0-Y
Instagram  i_am_3yut0

 

ブログの感想や質問などなどなんでも構いません!!
気軽にメッセージをください!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事