ポートランド 朝食

地産地消の意識がとても高いポートランド。

市内には地元の食材を使ったレストランやカフェがあちこちにあったりいろんな場所でファーマーズマーケットも毎週開かれています。

また、ブリュワーやワイナリーも多数あり、それらを巡るツアーもよく開催されています。
今回は僕が ポートランド滞在中(3日間)に訪れた場所を紹介していきたいと思います。

結論から言うとポートランドは食事が非常に美味しく、”美食の街”と呼ばれるのも納得でした^^

スポンサーリンク

ポートランドの朝食の定番 コーヒショップ

ポートランド コーヒー

ポートランドはコーヒーの聖地サードウェーブコーヒーの発祥の地として知られており隣の州であるワシントン州にあるスターバックスが全世界で広まるよりも前にコーヒー文化が盛んになっていました。

また、世界最高峰のバリスタの大会「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(World Barista Championship)」のノースウェスト地区での優勝者の輩出地であり全米3大コーヒーマガジン(Fresh Cup,Barista Magazine,Roast Magazine)の発行社の所在地です。

それ故にポートランドとコーヒーは切り離せない存在同士とも言えるでしょう。
それでは紹介していきたいと思います。

コアヴァ・コーヒー(Coava Coffee)

ポートランド コーヒー

創業者のガレージからスタートしたCoava Coffeeはポートランドのベストコーヒーショップ20店(Eater.com)や2015年のポートランドベストコーヒーハウスでは第2位に輝きました。(Portlandfoodanddrink.com)

元々はガレージから始まったこともあり地元に根付いたコーヒーショップで、朝6時からオープンしており(店舗によって異なります)出勤前にここでコーヒーを飲みながらミーティングをしている方もいました。

ポートランド コーヒー

ポートランドの朝はまだ肌寒いのでホットコーヒーを注文。
これを飲みながらモーニングの店へと歩いて向かって生きます。
気になるコーヒーの味はさっぱりとして、飲みやすい味でした。

Coava Coffeeはポートランド市内に3店舗あります。

スタンプタウン・コーヒー(STUMPTOWN COFFEE ROASTERS)

ポートランド コーヒー

スタンプタウンはサードウェーブ・コーヒーの代表格とも言われるコーヒショップです。

ポートランド市内に4店舗ありますが、ダウンタウンにある店舗はあの有名なAce Hotelにあり観光スポットとしても有名で多くの人が訪れ写真を取っていました。

ポートランド 朝食

創業当時からの信念として「一杯一杯を真剣に淹れる」が掲げられており市民からとても愛されています。
フェアトレードでインドネシアやアフリカから取り寄せた豆をフランス製のコーヒー抽出マシンを使用して抽出しています。

ポートランド 朝食

コーヒー以外にもトートバッグやタンブラー、マグカップが売っていました。

STUMPTOWN COFFEEはポートランド市内に3店舗あります。

ケーススタディコーヒー(CASE STUDY COFFEE)

ポートランド コーヒー

このケーススタディコーヒーは元々はコーヒーのケータリング会社のとして操業しました。
キャラメルやナッツなどのフレーバーシロップを用いたカフェラテがオススメだそうです。

アメリカのニュースサイトのBuzzfeedからは「死ぬまでに行きたいアメリカのコーヒーショップ」として紹介されています。

Case Study Coffeeはポートランド市内に1店舗のみあります。

スポンサーリンク

ポートランドで朝食を食べたレストラン

ポートランド 朝食

続いてレストランについて紹介します。
ポートランド市民の朝は非常に早いです。モーニングやブランチを食べに朝早く出かけることは日常茶飯事で人気店には2時間待ちもあるとのこと、、、、、、、、。

日本ではランチを食べに行く文化はありますがモーニングやブランチを食べに行く文化はあまり聞かないような気がします。
予算の都合上、今回はモーニングでのみレストランへ行ったのでモーニングについて紹介したいと思います。

ポートランドでNo1の朝食?スクリーンドア(Screen Door)

ポートランド 観光

イーストバーンサイドストリート(East Burnside)にある人気レストランです。

Yelpでも常に人気ランキング上位に位置しており、地元の人のみならず観光客からも人気です。
普段は行列ができているそうなのですが、私が訪れた際は並ばずに入ることができました。

スクリーンドア

Today's Specialであったフレンチトーストを注文。
日本のフレンチトーストしか食べたことのない私にはかなり甘かったです、、、、、少し胃もたれしましたが、、、、とても美味しかったです!!

他にもエッグベネディクトやパンケーキ、ハンバーガーなどがありました。

ポートランド 朝食 ポートランド 朝食

席はテーブル席とカウンター席の2種類がありました。
店に入ると、「カウンターがいい?テーブルがいい?」と聞かれたので私はカウンター席を選びました。

KENNY & ZUKE'S  ケニー&ジークス

ポートランド 朝食

こちらのレストランはダウンタウンの人気ホテル、Ace Hotelの横に位置しておりカジュアルな雰囲気のレストランです。

ここは日本では味わえない本格的なAmerican Breakfastを味わうことができます。

ケニー&ジークス

メニューの1番上にあった「All Day Break」を注文。卵、ポテトパンケーキ、パストラミ、ブレッドが各2つずつ入った222というものを注文。卵の焼き加減、調理方法は選択することができます!!

とても美味しく量もいいくらいで特にエッグがかなり美味しかったです^^

この日は朝からバスでシアトルへ行く日だったので、To go(持ち帰り)で注文しました。

(※日本でよく使われているTake Out(テイクアウト)は和製英語なので海外では通じません。)

ですのでFor here(店内で食べる)To go(持ち帰り)のどちらを伝えると対応してくれます。

ケニー&ジークス

ケニー&ジークスの気になる店内はこんな感じです。

開店直後でしたのでこの日も全く並ばずに入ることができました。

ケニー&ジークスはポートランドのダウンタウンのみでなく、ポートランド国際空港にもあります。

もし旅行中に食べ逃した方は空港で是非ともトライしてみてください!!

個人的にNo1の朝食マザーズビストロ&バー(MOTHER'S BISTRO & BAR)

ポートランド 朝食

最後に紹介するMOTHER'S BISTRO&BARは「アメリカのおふくろの味」を表現したかのようなお店で、アンティーク家具やシャンデリアが立ち並ぶ店内は古き良きアメリカでした。

個人的に今回食べたポートランドの朝食の中で一番の朝食でした。

マザーズビストロ&バー

店内はこんな感じです。1970年代のアメリカを思わせる内装です(1970年代を全く知らない人です)。

マザーズビストロ&バー

サーモンハッシュを注文。かなり美味しく、日本でも食べたいほど気に入りました。

ここは特定のメニューのみですがハーフサイズのオーダーができるらしく、少食の方でも気軽に注文することができます。
アメリカのご飯はやたら量が多いのでこのオーダーは便利です。

ダウンタウンにあり、ここは少し並びました。ですので、並ぶことを想定して早めに到着するように行くことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

今回はポートランドのコーヒーショップとレストランについて紹介しました。
滞在期間が短かったので多くは回れていないのですが、紹介した店はどれもオススメです。

美食の街だけあってポートランドはレストランの競争が激しいです。
他にもオススメのお店はたくさんあるので、次回訪れた際に回って見たいと思います。この記事がポートランド旅行を考えている方のお役に立てれば幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事