DiDi クーポン

飲み会などで夜遅く帰るときに「なかなかタクシーが捕まらない」「タクシー乗り場には長蛇の列」などでイライラした経験はありませんか?

今回はそんな悩みを解決してくれる配車サービスDiDi(ディディ)を紹介します。

DiDiは誰でも”簡単に” ”手軽に” ”お得に”タクシーを配車できるサービスです。

本記事ではDiDiというタクシー配車サービスについて紹介しており初回¥1,000OFFクーポンも配布しています。

 

DiDiの¥1,000OFFクーポンをGETするためのクーポンコード
割引クーポン用のコードを手入力する場合はJPFJVBF4を登録時に入力してください

DiDiとは

  • 携帯1つでタクシーを配車できる
  • 行き先はアプリ内で伝えるので説明の必要がない
  • 日本全国での展開を目指している(2019年中には日本13都市に展開)
  • あのUberを中国から撤退させた企業

です。

スポンサーリンク

DiDi(ディディ)とは? シンプルで使い方は簡単

DiDiとは

DiDi公式サイトより出典

DiDi(滴滴出行 DiDi Chuxing)は中国の北京に本社を置く大手配車サービスです。

2018年にお隣の中国発の配車アプリDiDiが大阪でサービスを開始。
かなり盛況なようで大阪ではDiDiと提携しているタクシーがあちこちで走っています。

あのUberを中国から撤退させたのがDiDi

中国のトップ企業であるアリババとテンセントから支援を受けたことや2016年にアメリカ発のシェアライドサービスUberの中国事業を買収し同社の企業価値は500億ドルとなりました。

また2017年には55億ドルもの資金調達に成功し世界でもっとも価値のあるテクノロジー企業の仲間入りを果たしました。
現在の時価総額は6兆円です。

同社はメキシコやオーストラリア、ブラジルなど世界7ヶ国の配車サービスと提携しており世界中にドライバーは200万人以上とも言われています。

日本でのDiDi

日本でDiDiはソフトバンクとの合弁会社で「DiDiモビリティジャパン株式会社」(DiDi Mobility Japan Corp)といい、東京都の港区に本社を置いています。

日本を代表する企業であるトヨタ自動車(株)やソフトバンクグループも出資しており今後ますます日本でも使われることが多くなるサービスとなることは間違いありません。

日本で現在DiDiを利用できるエリアをまとめました。
(同じ県内でも使える所と使えない所があるので注意してください)

日本でDiDiが使えるエリア
関西地区
大阪・京都・兵庫
関東地区
東京・千葉・埼玉・群馬
北海道および東北地区
北海道・青森・秋田・宮城・新潟
中部地区
愛知・静岡
中国地区
広島・山口
九州地区
福岡・北九州・長崎・大分・沖縄(石垣島・宮古島も含む)

2019年内には合計13都市でのサービス開始を計画しています。

DiDiの使い方

DiDiの使い方はとても簡単です。

  1. アプリをインストールして登録
  2. クーポンを入手
  3. 行き先を決める
  4. 乗車位置の決定
  5. ドライバーを探す
  6. ドライバーとマッチング、タクシーの到着を待つ
  7. タクシーに乗る
  8. 目的地に到着後、タクシーから降りる

一度登録すれば、後は簡単に使うことができます。

DiDiの支払い方法は3通り

DiDiの支払い方法は

  1. 現金・車内決済(電子マネーなど)
  2. クレジット・デビットカード
  3. PayPay

の3通りあり、オススメの支払い方法ははクレジット・デビットカードかPayPayです。

なぜなら支払い方法をクレジットカードやデビットカード、PayPayにするとアプリ内で決済が完了し運転手さんとやりとりせずスムーズにタクシーから降りることができるからです。

特にPayPayとDiDiは共にソフトバンクの合弁会社なので合同のキャンペーンを開催したりしています。

なのでPayPayとDiDiは一緒にインストールしておきましょう^^

利用するには電話番号が必要

DiDiを利用するには電話番号認証が必要です。

また、”位置情報”と”通知”の許可をONにしておきましょう。

位置情報をONにしておくと配車時に現在地の住所を入力せずに済みます
スポンサーリンク

DiDiのここが便利

DiDi タクシー

DiDiは白タクではないので普通のタクシー会社の普通のタクシードライバーが来ます。

Uberのようにタクシーと価格差があるのならまだしもこれでは道端で普通にタクシーを呼ぶこととなんら変わりありません。

DiDiを使うことによるメリットを紹介したいと思います。

支払いがスムーズに。小銭いらず

DiDi タクシー

DiDiの支払いは現金ではなく登録してあるクレジットカードにて支払いをすることにより小銭が不必要となり支払いをスムーズに行うことができます。

入りくんだ場所や路地裏などマップに表示されるところなら何処へでも行ける。

目立つ場所やお店なら普通のタクシーでも簡単に行くことができますが、特に目印がない場合入りくんだ場所や路地裏ならどうでしょう?

いちいちドライバーさんに「あーで、こーで、ここを曲がって」などといちいち説明するのは疲れますよね、、、。

ですがDiDiなら目的地はドライバーさんに伝えるのではなくピックアップしてもらう際にMapで指示するのでこのようなややこしいやり取りは一切不要です。

アプリ1つでタクシーを配車できる

DiDi タクシー

アプリ1つでタクシーを配車できるのでわざわざタクシーを探し回ったり、タクシー乗り場に並んだりということをしなくてもよくなります。

AIによる分析で適切なマッチングを実現

DiDiは大規模なタクシー利用のデータを蓄積し、それらをAIを用いて分析しています。

これを元にタクシーと乗客をより効率的にマッチングさせることを可能にしています。

Google Mapから配車することができる

意外と知れられていない機能ですがDiDiはGoogle Map経由で配車をすることができます。

方法はとても簡単で

  1. Google Mapにて行きたい場所を検索
  2. 行き方でタクシー(1番右端)を選択
  3. DiDiアプリに遷移しタクシーを配車

というたった3ステップで配車をすることができます。

DiDi クーポン

Google Mapにて出発地と目的地を設定後、右上のタクシーマーク(勝手にそう読んでいます)を選択し、右下の「アプリを開く」をタップします。

DiDI クーポン

その後DiDiへと自動的に遷移するので、そこで「確定する」をタップすると配車は完了です。

スポンサーリンク

DiDiの登録方法を画像で紹介 クーポンをGETしよう!!

今回久しぶりに大阪へ遊びに行った際、話題のDiDiを使ってみました。
大阪に住む友人から紹介クーポンとして初回¥1,500OFFのクーポンをもらうことができました。
(現在は¥1,000OFFのクーポンがもらえます)

上記のリンクもしくは下記のコードを入力することで¥1,000OFFのクーポンを取得することができます。
DiDiの¥1,000OFFクーポンをGETするためのクーポンコード
JPFJVBF4

中国で使用する場合と日本で使用する場合は違うアプリをインストールしないといけないので注意しましょう!!

 

DiDi 登録方法

配車アプリには共通して言えることですがDiDiを利用するにあたって電話番号の認証が必要となります。

この画面から電話番号を入力しSMSで受信したパスワードを入力すると電話番号の認証が完了します。

DiDi 登録方法

その後は名前やパスワード、支払いに利用するクレジットカードを登録し準備完了です。
特に難しい操作はなく、ものの5分で登録は完了します。

支払い方法にはクレジットカードはもちろん、現金やタクシーチケットも利用できるらしいです。

実際にDiDiを使ってみた!!

今回、梅田からホテルのある上本町駅までDiDiを利用してみることにしました。

大阪 タクシー

DiDiのアプリを起動するとUberで見慣れたような画面が表示されます。

画面に写っているタクシーは全て利用可能なタクシーです。そこら中にタクシーがいました。

DiDi 登録方法

画面上部の白枠に目的地を入力します。

大阪 タクシー

今回は宿泊地であるシェラトン都ホテル大阪が目的地です。

ちなみにシェラトンホテルはリーズナブルで大阪上本町駅直結と立地も良く大阪ではオススメのホテルの1つです。

didi 大阪

マップを見ながらピックアップしてもらう場所を設定します。

この時適当に設定するとタクシーが来ないなんてこともありますので慎重に設定しましょう。

didi 大阪

タクシーが見つかるとドライバーさんの氏名、タクシーのナンバー、タクシーの現在地とピックアップしてもらうまでの所要時間が表示されます。

また電話やメッセージも送ることができます。

この辺はUberを使ったことがある方には慣れ親しんだ機能だと思います。

didi 大阪

しばらくするとタクシーが来ました。

今回は赤いプリウスでしたが次の日に利用した時は普通のタクシー(黒いクラウン?)が来ました!!

didi 大阪

DiDiと提携しているタクシーには専用のタブレットが配布されるらしく車内にはタブレットが設置されていました。

 

didi 大阪

降車後、すぐにアプリ上で支払い明細を確認することができました。

スマホ1つでタクシーを呼ぼう

今回はタクシー配車サービスであるDiDiについて紹介しました。

この他にも全国タクシー(Japan Taxi)という配車アプリがありますがDiDiの方がUberに近く使いやすかったです。

以下のリンクから登録することでクーポンを獲得することができます^^

初回¥1,500引きクーポンをGET!!DiDiのダウンロードはこちらから

なおUberについては以下の記事で紹介していますのでよろしければご参考ください^^

関連コンテンツ
スポンサーリンク