飛行機 快適 グッズ

海外旅行で経験する長時間フライト。

特にエコノミークラスは座りっぱなしなので苦痛に感じる人がほとんどです。
(正直行って苦痛です)

管理人 ユウト
飛行機で寝れると、目的地に着いてからとても楽です!
この記事で紹介していること
「飛行機で快適に過ごしたい」
「これから海外旅行に行くけど、飛行機では何が必須?」
という方向けに
本記事では何回もアメリカ旅行に行って、約10時間のフライトを乗り越えた
筆者が飛行機で快適に過ごすためのグッズを紹介!

何十個も紹介しているとキリがないと思い紹介するグッズの数をあえて少なくしました。

結論を言うと飛行機エコノミークラスで快適に過ごすためには

  • 耳栓やノイズキャンセリングで遮音
  • アイマスクで光を遮断
  • スウェットやスリッパで楽な服装
  • 羽織もので温度調整

をすれば長時間でも平気です!

スポンサーリンク

飛行機で快眠するためのグッズ

飛行機 快適

エコノミークラスの座席では横になることができないので座りながら寝ることになります。

しかし、、、

  • 背もたれは倒せない(横になれない)
  • 足は伸ばせない
  • 周りが騒がしい(こともある)

という三重苦に加え、”他の人がトイレに行く際には自分も席から立たなければならない”ので
思うように寝ることができません。

これらの不満を解消するために

管理人 ユウト
僕が飛行機で寝る際にいつも使っている”快眠グッズ”を5つ紹介します!

耳栓

快眠するためにはまず”周りの音をシャットダウン”しましょう!

これをするだけで快眠度合いがかなり上がります。

耳栓は小さく、使い切りのタイプもあるので荷物になりません!
念のために持っておきましょう。

ノイズキャンセリング機能付きイヤホンは耳栓代わりになる

飛行機 快適

イヤホンは飛行機の中だけでなく、空港や旅行先でも使いますよね?

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンは耳栓代わりにもなり、飛行機の中で快適に音楽を聞くためには必須アイテムです。

僕はAirPods Proを愛用していますが高価なので「無くしたり、盗られたりすると怖いな〜」
と思う方はほどほどの値段のものにしておきましょう!

管理人 ユウト
安すぎると性能がイマイチなので注意!

ヘッドホンもおすすめ

飛行機 快適

「イヤホンは無くしそうだな〜」
と思う方はヘッドホンがおすすめです。

首にかけることができるのでなくすこともありません!

16%OFF Bose QuietComfort 35II ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / Amazon Alexa / アレクサ / Googleアシスタント / Bluetooth / ブルートゥース / NFC対応 / iPhone対応

ヘッドホンは必ず”オーバーイヤー(Over Ear)”という耳を覆うことができるものにしましょう。

オンイヤー(On Ear)という耳の上に置くタイプのものですと耳が圧迫されて痛いです。

アイマスク

音を遮断したら、次は光を遮断しましょう。

夜になると機内の証明は暗くなるのですが、、、
隣の人がモニターや座席の証明を使っていたりするとそれが目に入り眠りの妨げになります。

 

管理人 ユウト
それらをアイマスクで遮断してしまいましょう!

ホットアイマスクなら乾燥対策にもなる

飛行機 快適

花王 公式サイトより引用

機内のエンターテイメント用のモニターは小さいのでずっと見ていると目が疲れます。
その疲れを解消してくれるのがホットアイマスクです。

蒸気が出るので乾燥対策にもなるので、気になる方は試してみてください!

首枕

飛行機 快適

長時間座っていると首や肩がどうしても凝ってしまいます。

その悩みは首枕(ネックピロー)で解消してしまいましょう!

首枕には

  • あらかじめ膨らんでいるタイプ
  • 空気を入れて膨らますタイプ

がありますが、個人的にはあらかじめ膨らんでいるタイプの方がクッション性が良くおすすめです。

ただ、空気を入れるタイプはたためるので荷物になリません。

スポンサーリンク

飛行機で快適に過ごすための服装

飛行機 快適

飛行機に乗る際は締め付けのないゆったりとした服装になることがおすすめです。

僕がいつも飛行機に乗る際は

  • 重ね着で体温調整
  • ジーンズではなくスウェット
  • 靴を脱いでスリッパ
  • コンタクトを外してメガネ

で過ごしています。

ニューヨークに行った時もロサンゼルスに行った時も
この服装で快適に過ごせました。

パーカーなどの羽織もの

飛行機 快適

機内で快適に過ごすには温度調節は大切です。

冷房が効いているので人によっては寒く感じるかもしれません。
ブランケットも借りれますが薄くいので羽織ものを持っておきましょう!

パーカーでもカーディガンでもいいので、寒い時に羽織れるものを持っていきましょう!

スウェットパンツ

エコノミークラスの座席は狭いので、足はほとんど曲がったままです。

長時間その状態でジーンズを履いているのはかなり辛いです。

なのでストレッチの効いた素材のパンツやスウェットを履いているととても楽です!

管理人 ユウト
僕はNIKEのスウェットを履いています!

スリッパ

飛行機 快適

長時間のフライトの場合、スニーカーでも疲れてしまいます。

脱ぎっぱなしが一番楽なのですが、流石に床を靴下や素足で歩くのはちょっと、、、
という場合にはスリッパやクロックスを持っていきましょう!

海外のホテルは室内にスリッパがないケースが多いので
そこでも活躍してくれます。

加圧タイツ・ソックスでむくみ対策

飛行機に限らず長時間同じ姿勢でいると足がむくみますよね?

いわゆる”エコノミークラス症候群”です。

足のマッサージや機内を散歩するなどして対策される方がほとんどですが
加圧タイツやソックスを履くのも一つの手なんです。

管理人 ユウト
運動している時に履いているものがあれば、それでも効きます!

ニューヨークに行った際に
試しに履いてみたのですが、とても快適でした!

スポンサーリンク

乾燥対策グッズ

飛行機 乾燥対策

畿内はとても乾燥しているので対策は必須です。

肌や喉などを守るための乾燥対策グッズを紹介していきます!

マスク

飛行機 快適 グッズ

乾燥している畿内にずっといると、喉がカラカラになって痛めてしまいます。

さらに大勢の人が乗る飛行機では風が感染るリスクもあるので
それらを回避するにはマスクが一番です!

また、のど飴を持っていくのも1つの手です。

化粧水や保湿クリームで肌を守る

飛行機 快適

機内の乾燥から肌を守るには化粧水や保湿クリームが有効!

普段から使っているものを持っていきましょう。

ただし、液体物なので機内持ち込みの際は
”100ml以下の容器でプラスチック袋に入れる”ことが定められています。

プラスチックの袋は100均で売っているものやジップロックで十分です。

メイク落としシートや化粧品

「化粧をして搭乗するか、落として搭乗するか、、、」
これは究極の選択だと思います。

なので飛行機に乗ってから対処できるように
  • 普段使っている化粧品
  • メイク落としシート

を持っておくと安心です。

化粧品も液体持ち込みのルールが適用されるので注意!

リップクリーム

唇はリップクリームで保護してあげましょう。

メガネ(コンタクトをしている方)や目薬

飛行機 快適

目もとても乾燥するのでコンタクトの方は外してメガネにしておきましょう!

コンタクトのまま長時間いると目が充血しますし、メガネの方がはるかに快適です。

また、目薬をさして目が乾燥しないようにすることも大切。

暇な時に楽しむためのグッズ

飛行機 快適

ここからは必須ではないのですが
”あると便利なもの”を紹介します!

機内のエンターテインメントで楽しむにも限界があるので
お好みの暇つぶしグッズを持っていきましょう。

タブレット端末

飛行機 快適

機内のエンターテインメントに好みのものがあればいいのですが
なかった場合はかなり苦痛です。

そんな時にタブレット端末を持っていき

  • あらかじめ動画や映画
  • 読みたい本

をダウンロードしておくと退屈せずに済みます。

長時間フライトですと長編シリーズに挑戦してみてはいかがですか?

飛行機 快適

機内エンターテインメントやスマホのモニターに目が疲れるのであれば
活字の本を持っていきましょう!

ボールペン

入国審査、税関申告書を記入する際に必要です。

機内でも借りれるのですが数に限りがあったり、借りる際に英語が必要なので
持っておくと便利です。

まとめ:予め備えて飛行機で快適に過ごそう

飛行機 快適

最後まで読んでいただきありがとうございます。

飛行機のエコノミークラスで快適に過ごすために必要なグッズを紹介しました。

管理人 ユウト
予め準備しておくと長時間のフライトでもへっちゃらです!
飛行機の搭乗記も紹介しているのでよろしけばご覧ください^^
スポンサーリンク