シアトル 日帰り

ポートランドへ行った際にバスで3時間ということで シアトル 日帰り 旅行へ行ったきました^^

前回はポートランドとシアトルの位置関係や2都市間の移動手段、シアトルが誇る2 大スポーツ(野球とアメフト)のスタジアムについて紹介しました。

今回はその続きです。

この記事の内容を簡単に説明すると
・シアトルのダウンタウンの様子
・シアトルのダウンタウンにある観光地や全米屈指の〇〇について紹介
・まるで聖堂!?のようなワシントン大学とは!?

シアトルはとてもコンパクトな都市なので、大体の観光地は歩いて回ることができました。

スポンサーリンク

パイクプレイスマーケットは全米最古のマーケット

シアトル 日帰り

シアトルのダウンタウンに到着後、まずはパイクプレイスマーケットに行きました。

おそらくはシアトルで1番人気の観光地でしょう。
無数のお店が迷路のように並んでおり、見て回るだけでもとても楽しくその雰囲気はまるでお祭りのようです。

シアトル 日帰り

このパイクプレイスマーケットは1907年に設立され、現存する市場としては最も古いものになります。
このネオンサインと時計は当時の姿のままらしく、シアトルのシンボルでもあります。

シアトル 日帰り

中にはサーモンやカニ、ロブスターなどの新鮮な魚介類がそこら中で売られていました。
どれも値段が安く感じましたが特に牡蠣が安かったです。

シアトル 日帰り

魚の他にもお花や野菜、果物などが売られていました。
シアトルが属しているワシントン州は全米でも有数の農産物の産地で、様々な種類の野菜や果物を見ることができました^^

その他、お土産になりそうなドライフルーツやアクセサリ、グッズなどが売られておりこれらを全て回ると半日はかかるでしょう。

パイクプレイスマーケットについては以下の記事でも紹介していますのでよろしければご参考ください^^

スポンサーリンク

スターバックス1号店

シアトル 日帰り

今や全世界で18,000店舗を展開しており日本でもおなじみのスターバックス。

その発祥はシアトルであり、1971年に開店した1号店は今も世界中から訪れる観光客で賑わっています。

そのスターバックス1号店は先述したパイクプレイスマーケットのすぐ近くにあるので一緒に見て回ることができます。

僕が行った時は何故かお休みだったので店内は見れませんでしたが、中には座席がなく立ったままコーヒーを飲んだりお店の前で飲んだりする人が多いらしいです。

シアトル 日帰り

この1号店では現在でも創業当時のロゴ(セイレーンの全身像が描かれ、色も茶色のロゴ)が使用されており、1号店限定のマグカップやタンブラーなどの限定グッズにもそのロゴが描かれています。

シアトル土産にオススメです^^
営業時間はAM06:00~PM09:00ですので是非とも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ダウンタウンへ移動

シアトル 日帰り

続いてダウンタウンに移動しました。
シアトルに着いた頃は曇っていたのですが、次第に晴れてきました。

シアトル 日帰り

ダウンタウンの中心にはモノレールの駅がありました。
このモノレールは1962年にシアトルで開催された万博にあわせて開通し、あのエルビスプレスリーも乗ったもので今もなお利用されています。

シアトルのダウンタウンからスペースニードルがあるシアトルセンターまでわずか10分で行くことができます。
主に観光客が利用することが多いです。

少しお腹が空いたのでシアトル名物のクラムチャウダーを食べルことにしました。

全米で1番人気のクラムチャウダーはパイクプレイスチャウダーはシアトルに行ったら必食

シアトル 日帰り

シアトルは海に面しているのでシーフードが美味しことで有名でその中でも人気なのがクラムチャウダーです。

シアトルには多くのクラムチャウダーのお店がありますが、その中でも1番人気なのがパイクプレイスチャウダーです。
「アメリカで1番人気のクラムチャウダー」とも言われている繁盛店です。

パイクプレイスチャウダーはシアトルのダウンタウンに2店舗あります。

  1. パイクプレイスマーケット 食事の時間帯は混雑します。
  2. パシフィックプレイス(ショッピングモールのレストランエリア) 混雑は少なめ

上記の2店舗でも異なるメニューがあるので両方行ってみてもいいかもしれません^^

パイクプレイスチャウダー公式サイト

僕はパシフィックプレイスにある店舗に行きました。

シアトル 日帰り

数々の賞を受賞しており、トロフィーや盾が置かれていました。

シアトル 日帰り

定番のニューイングランド・クラムチャウダーなのですが、僕は少ししかお腹が空いていなかったので普通のチャウダーを注文。(後から後悔しました(笑))

それぞれのクラムチャウダーにはバケットがセットで付いてきます。

シアトル 日帰り

クラムチャウダーは全部で7種類あります。タラやサーモン、エビが入ったシーフードビスクやトマトベースのマンハッタンチャウダーや店舗限定のチャウダーなど様々です。

ダウンタウンを散歩

シアトル 日帰り

お腹も膨れたので食後の運動がてら、シアトルのダウンタウンを散歩しました。
天気も良く心地よく散歩できました。

シアトル 日帰り

おしゃれな建物やオブジェが多く、街の雰囲気は落ち着いた印象を受けました。
これは噴水なのか、、、水の壁なのか、、、、

シアトル 日帰り

その裏にはフードトラックがずらりと並んでいました。

さっき食べたばかりなのにまた食べようとしている自分と必死に闘いました(笑)

シアトル 日帰り

歩いていると喉が乾いたのでコーラを購入しました。

アメリカのコーラは日本と違ってラベルに人の名前が書いてあることが多いです。
他の国はどうなんでしょう?

シアトル 日帰り

この日はデモがあったので警察官があちこちにいました。
アメリカの警察官って基本大きくて迫力があります(笑)

警察官というか特殊部隊みたいでした。

ダウンタウンを一通り回り終えたところで、次の目的地であるワシントン大学へと向かいます。

ワシントン大学

シアトル 日帰り

ワシントン大学はアメリカ西海岸で2番目に古い大学で、ワシントン州最大の総合州立大学です。
パブリックアイビーという名門大学グループに属しており、7人ものノーベル賞受賞者を輩出している名門大学です。

日本人を含め世界中の112ヶ国から約7500人もの留学生を招き入れており人気の留学先でもあります。(全校生徒は約30,000人です)

地元の人たちからはUW(ユーダブ)の愛称で親しまれており、学校のマスコットキャラクターはハスキーです。

ワシントン大学はシアトルのダウンタウンの北にあり車で20~30分ほどで行くことができます。

大学の近くの寮に住んでいても、気軽にダウンタウンにアクセスすることができる便利な立地です。
キャンパス内はとても広く、歩いて回ると端から端まで約20分かかるので生徒たちの移動は自転車やバスであることが多いです。

留学生のみならず多くの観光客が訪れます。

スザロ図書館 ~Suzzalo Libraly~ アメリカで最もクールな図書館

シアトル 日帰り

ワシントン大学にはスザロ図書館という有名な図書館があります。
このスザロ図書館はガーディアン誌が選ぶ「全米で最もクールな図書館16」に選ばれた図書館で、ワシントン大学のシンボルでもあります。

まるでハリーポッターに登場するホグワーツ魔法学校を彷彿させる図書館内には約200万冊もの本が所蔵されています。

内部も貫禄のある雰囲気が漂っており、すごく集中できる雰囲気でした。(とても撮影できる雰囲気ではなかったので写真は撮れませんでした)

ドラムヘラー噴水 ~Drumheller Fountain~ 最も絵になる噴水

シアトル 日帰り

ワシントン大学には他にも見所があります。

それはドラムヘラー噴水です。
このドラムヘラー噴水は「全米で最も絵になる大学キャンパス内の噴水」に選ばれている噴水です。
ここにも多くの観光客が訪れ写真を撮っていました^^

噴水越しにはシアトルのシンボルの1つでもあるマウントレーニアを見ることができます。

ワシントン大学については以下の記事でも紹介しているのでよろしければご覧ください^^

バスの出発までダウンタウンで待機

シアトル 日帰り

ダウンタウンへと戻って来ました。
事故があったようで警察が現場検証をしていました。

シアトルのダウンタウンでは警察しか見ておらず、シアトル=警察のイメージが付きそうでした(笑)

シアトル 日帰り

近くのハードロックカフェで一息つきました。
無料で2杯もテイスティングさせてくれました。

シアトル 日帰り

外に出ると、また警察がいました。
談笑したり記念撮影したりと、和気あいあいとしていました(笑)

ポートランドに戻って来ました

シアトル 日帰り

ポートランドへと戻ってきました。
シアトルからの帰りのバスでは爆睡していました(笑)

シアトル 日帰り

夜のワシントンスクエアパークですが、夜にも関わらず人がチラホラといて驚きました。
(アメリカでは滅多に見ない光景です)

ポートランドからシアトルへは日帰りで行くことができる

今回はポートランドから シアトル 日帰り 旅行へ行った時のことを紹介しました。
ポートランドからシアトルはバスで3時間ということもあり簡単に行くことができます。

またシアトルも比較的コンパクトな都市なので日帰りでも満喫することができるのでオススメです。

この記事は2部構成でして、以下の1部目には

  • ポートランドからシアトルへ行く方法
  • ポートランドとシアトルのバス停の様子や目印
  • シアトルが誇る2大スポーツチームのスタジアム

について紹介していますので併せてご覧ください^^

また、ポートランドのダウンタウンを散歩した時のことを紹介している記事もありますのでよろしければご覧ください^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事