リッツカールトン京都 宿泊記 和×エレガント プラチナ特典も豪華

日本トップクラスのホテルである”リッツ・カールトン京都”

「スタンダードクラス(一番安い客室)でも1泊の料金は10万円超え」と宿泊料金もトップクラスです。
今回はそのリッツ・カールトン京都にマリオットポイントを利用して無料宿泊してきました^^

マリオットホテルのプラチナ会員の特典である

・無料アップグレード
・プールとフィットネス
・バーでのカクテルサービス
・世界一のクロワッサンを食べることができる朝食バイキング

などかなり満喫することができたのでご紹介したいと思います。

正直、マリオットホテルの上級会員でなくともこのホテルは十分楽しむことができます。

スポンサーリンク

リッツ・カールトン京都 ~THE RITZ-CARLTON KYOTO~

リッツカールトン京都 入り口

リッツカールトンは京都府中央区にあるマリオットグループのホテルで2014年にオープンしたばかりの比較的新しいホテルです。

鴨川沿いにあり、京都駅や祇園からは少し距離があるのでかなり静かでした。
静かで落ち着いたステイをしたいという方には相性ピッタリのホテルです^^

歩いて四条河原町へ行くことができるので駅から離れているとはいえ立地は良いと思いました^^

また、清水寺や嵐山からもバスやタクシーで簡単にアクセスできるので京都観光の中心地ともなります。

リッツカールトン京都の基本情報

簡単にリッツ・カールトン京都の基本情報をまとめてみました。

住所〒604-0902
京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔
電話番号075-746-5555
総客室134
フロント 1F
客室 2〜5F
ラグジュアリー 禁煙/喫煙
デラックスガーデン 禁煙
デラックス 禁煙/喫煙
ザ・リッツ・カールトン・スイート 禁煙
スイート TSUMIKI 禁煙
スイート KAMOGAWA 禁煙
コーナースイート MINAMI 禁煙
コーナースイート TATAMI 禁煙
コーナースイート KITA 禁煙/喫煙
↑今回、宿泊した部屋
ガーデンテラススイート 禁煙
ガーデンテラススイート TATAMI 禁煙
ガーデンテラススイート 禁煙
アクセス:京都東インターから15分
京都南インターから20分
電車:京都本線「三条駅」から徒歩7分
京都市営地下鉄東西線「京都市役所駅」より徒歩5分
飛行機:関西国際空港より車で120分
駐車場¥3,000/日
チェックイン
チェックアウト
チェックイン 15:00~
チェックアウト ~12:00

今回はマリオットポイントを使用して無料で宿泊!!

リッツカールトン京都

リッツ・カールトン京都はマリオットグループのホテルで、ホテルのランクを表すカテゴリーでは最上位のカテゴリー7に属しており1泊70,000ポイント~にて宿泊することができます。

オフピーク時は70,000ポイント スタンダード時は85,000ポイント ピーク時は100,000ポイントが必要です。
ピークやオフピークの設定は季節や曜日によって変動します。

ちなみにお金を払って宿泊すると一番安い部屋でも10万円と、、、超高級ホテルです。

リッツカールトン京都 公式サイト

スポンサーリンク

リッツカールトン京都 プラチナ 特典で無料宿泊!!

リッツカールトン京都 プラチナ

今回は2月の3連休の中日である日曜日に宿泊してきました。

中国の春節と重なっていたこともありホテルは満室でした。

ホテルの外観はこのようになっており目の前を流れているのが鴨川です。

エントランス・レセプション

リッツカールトン京都 プラチナ

リッツカールトン京都のエントランスは派手さは一切なく、かなり落ち着いた外装でした。

車で来た場合はここでポーターさんに車と車のキーを渡します。

リッツカールトン 京都 人力車

エントランスを通過すると、右手には人力車が展示されていました。

リッツカールトン京都 プラチナ

リッツカールトン京都 プラチナ

京都らしさを感じさせるような雰囲気のエントランスでした。

リッツカールトン京都 プラチナ

夜になるとライトアップされてとても綺麗でした。

リッツカールトン京都 プラチナ

中に入ると左手にはコンシェルジェデスクがありました。

このコンシェルジュデスクではタクシーの手配や観光スポットまでの行き方、オススメのレストランなど様々なリクエストに応えてくれるので多くの観光客の方が利用していました。

ホテルに入ると〇〇がお出迎え!?

リッツカールトン京都 プラチナ

ホテルの中に入ると、まさかの盆栽がお出迎えをしてくれました。
とても大きく、日本らしさを感じさせるものでした^^

リッツカールトン京都 プラチナ

少し進むとお洒落な階段が現れます。
この写真だけ見てもとてもホテルの中とは思えないほど綺麗でした。

リッツカールトン京都 プラチナ

チェックインはこちらのソファで行います。
手続きの際にお茶とおしぼりをいただきました。

チェックインの手続き、部屋の紹介から案内までとてもスムーズでした。

本来にチェックインは15時ですが13時ごろに着いてしまったので、アーリーチェックインができるかと思いきや15時以降でないとの旨を言われたので荷物だけ預けて河原町の散策に出かけました。

フランスが誇るお菓子屋さんも併設

ピエールエルメ

リッツカールトン京都内にはフランス・パリが誇るお菓子の名店である”ピエールエルメ(PIERRE HERME)”があります。

創業者のピエールエルメ氏は”パティスリー界のピカソ”と呼ばれており、マカロンやカヌレ、クイニーアマンなどのブームの火付け役でもあります!

ここのクロワッサンは2013年にフィガロ紙が選ぶ「2013 Best Butter Croissants in Paris」に選ばれており大人気のクロワッサンです。

1つ400円ほどで購入することもできますし、朝食ブッフェでも食べることができます。

チェックイン!! リッツカールトン京都 プラチナ 特典のアップグレードでまさかの、、

spg アメックス

今回はマリオットゴールドエリートである僕とプラチナエリートである友人と行ったため友人の名義で宿泊しました。
ポイントでの宿泊だったので、

リッツカールトンはマリオットの上級会員であっても滅多に特典である部屋のアップグレードを受けられないことで有名ですが今回の部屋ははなんと、、、、、、

”コーナースイート KITA”

まさかのスイートルーム!!

過去最高のアップグレードを受けることができました!!

リッツカールトン京都 プラチナ

宿泊料金は驚異の32万円!!

これにサービス料や税金が上乗せされるので1泊料金はおよそ40万円と、、、、開いた口が塞がらないような値段です(笑)

40万円もの宿泊料金が無料なのでつくづくSPGアメックスには驚かされます。

スポンサーリンク

コーナースイート KITA  お見せします!! 〜鴨川の目の前の部屋〜

リッツカールトン京都 プラチナ

リッツカールトン京都のコーナースイートはその名の通り、角にあるお部屋で2~4Fに各1部屋ずつあります。

今回はその中でも1番上のフロアにある437号室に宿泊しました。

既に荷物は運び込まれており、スタッフの方に案内していただきました。

リッツカールトン京都 プラチナ

ドアを開けるとお部屋ではなく廊下が現れました。

リッツカールトン京都 プラチナ

廊下の左手にはトイレがありました。
ここだけでもかなり広かったです。

リビングルーム

リッツカールトン京都 プラチナ

続いてリビングルームです。テーブルを囲んで4人分のソファが配置されていました。

ソファでも1人寝れそうなくらいの大きさでした。

リッツカールトン京都 プラチナ

テーブルの上には手紙とウェルカムフルーツが置かれていました。

さすがリッツカールトン!!この辺りのサービスも超一流です^^

リッツカールトン京都 プラチナ

ソファの脇には大きなスピーカーが置かれており、このように携帯を差し込んで使用するタイプのものでした。

Apple TV

テレビは40インチくらいで、Apple TVが設置されていました。

リッツカールトン京都 プラチナ

リビングルームにはもう1つテーブルがあり、ここから鴨川を眺めることができます。
ここで鴨川を眺めながら飲むコーヒーは格別でした!!

ちなみにカーテンは全て自動で開閉します。
テーブルには折り紙で作られた鶴とお菓子が置いてありました。

リッツカールトン 京都 コーナースイート

ここにも盆栽が置かれていました。

無料の飲み物が何種類も!? 有料ミニバーもあります。

リッツカールトン 京都 水

アメニティのボトルウォーターが4本も置かれていました。
これはターンダウンの際にも補充されますし頼むと何本でも持ってきてくれます。

リッツカールトン京都 プラチナ

ちなみにもう1種類「伏水」という京都府伏見区の名水が2本置かれており、こちらも無料で飲むことができました。

この伏水は3本目以降は別料金とのことです。

リッツカールトン京都 プラチナ

コーヒーメーカーと思いきや、こちらはティーメーカーです。
その横にはポットもありました。

リッツカールトン京都 プラチナ

先ほどのティーメーカーとは別にほうじ茶セットもありました。

リッツカールトン京都 プラチナ

ネスプレッソ(NESPRESSO)のコーヒーメーカーもきちんとありました。

無料の飲み物が多すぎてかなりびっくりしました。

リッツカールトン京都 プラチナ

ミニバーには獺祭やファーストクラスで出されるシャンパンであるKRUGなどがありました。

こちらは全て別料金です。

リッツカールトン京都 プラチナ

引き出しの中にはウイスキーのミニボトルやワインが入っていました。
こちらもミニバーと同じく別料金です。

リッツカールトン京都 プラチナ

グラスやティーカップちゃんとありました。

ベッドルーム

リッツカールトン京都 プラチナ

リビングルームとは別にベッドルームがあります。
広さはリビングルームより一回り小さいくらいで、かなり広かったです。

リッツカールトン京都 プラチナ

ベッドサイドテーブルのはルームキーと プラチナ 特典であるドリンクチケットが置かれていました。

リッツカールトン京都 プラチナ

エキストラベッドの他に寝転がれそうなソファがありました。
ここでももう一人寝れそうです(笑)

2つ目のテレビがあり、このテレビは動かすことができます。

リッツカールトン京都 プラチナ

ベッドルームからも鴨川を眺めることができます。
その他に、ベッドルームにはウォークインクローゼットがありました。

リッツカールトン京都 プラチナ

ターンダウン後にはスリッパとボトルウォーターが置かれ、照明がついていました。

バスルーム

リッツカールトン京都 プラチナ

ベッドルームの奥にはバスルームがありました。

とても広く、バスルームだけでもビジネスホテル1室くらいの広さがありました。

リッツカールトン京都 プラチナ

洗い場は2つで、鏡と鏡の間にはモニターがありました。

リッツカールトン京都 プラチナ

引き出しの中にはリッツカールトンオリジナル?の様々なアメニティがありました。

京都の石鹸専門店である「京都しゃぼんや」の石鹸とバスソルトがありました。

リッツカールトン京都 プラチナ

バスアメニティはリッツカールトン御用達のAsprey(アスプレイ)です。

300年近い歴史をもつイギリス発祥のブランドで英国王室やハリウッドスター御用達のブランドです。

リッツカールトン京都 プラチナ

バスルームにもトイレがありました。

リッツカールトン京都 プラチナ 特典でもらえるもの

マリオットグループのプラチナエリートであればリッツカールトン京都にて

  • 無料の朝食(洋食ブッフェか和膳)
  • バーにてドリンク1杯無料

のサービスを受けることができます。
これらは公式では出ておらず「隠れプラチナ特典」と言われています。

リッツカールトン京都 プラチナ特典⓵ 世界一に輝いたクロワッサンが食べ放題の朝食ブッフェ

リッツカールトン京都 プラチナ

プラチナ特典の1つである”無料朝食”です。
チェックイン時にブッフェ形式と日本食(和膳)のどちらかを選ぶことができます。
同伴者も1名まで適用されます。

今回はブッフェ形式にしました。
このブッフェの魅力は何と言っても冒頭でも紹介したピエールエルメの世界一のクロワッサンが食べ放題であることです。

朝食ブッフェに関しては以下の記事で紹介していますのでよろしければご参考ください^^

リッツカールトン京都 プラチナ 特典② バーでカクテル1杯無料

リッツカールトン京都 プラチナ

リッツカールトン京都で受けれるプラチナ特典の2つ目が”バーにてカクテル1杯無料”です。
こちらの特典も同伴者1名まで適用することができます。

リッツカールトン京都 プラチナ

会場である”The Bar”は1Fの一番奥にあります。
ソファー席、カウンター席、テーブル席がりあり今回はカウンター席に座りました。

写真の左側にあるタワー状のものはワインセラーです。

ドリンクメニュー

リッツカールトン 京都 プラチナ特典

こちらがプラチナ特典専用のメニューです。
さすがに全てのメニューから選べるわけではなく

  • 生ビール
  • スパークリングワイン
  • 白ワイン・赤ワイン
  • ジントニック
  • モスコミュール
  • ネグローニ
  • コスモポリタン
  • オールドファッションド
  • 日本酒
  • ソフトドリンク

から1杯でした。

リッツカールトン 京都 プラチナ特典

スパークリングワインをチョイス。
シャンパンと同格に近いイタリア最高峰のスパークリングワインである”BELLAVISTA(ベラヴィスタ)”をいただきました。

とても飲みやすく、あっという間に飲み干してしまいました。
ドリンクだけでなく、スナックとしてドライフルーツとナッツもいただきました^^

プールやジムも使い放題 ジムは24時間オープン

リッツカールトン京都 プラチナ

地下1Fにはフィットネスエリアがあり宿泊者は無料で使用することができます。

エレベーターで降りると、一見「ここは本当にフィットネスエリアなのか?」と疑うくらい落ち着いた空間が広がります。

さらに宿泊している場合は客室に備え付けのバスローブとスリッパで行くことができます。
エレベーターで直通なのでロビーも通りません。

フィットネス

16歳以上から利用可能。

24時間オープン(22:00〜6:00はスタッフ不在)で宿泊している場合はルームキーで利用可能です。

プール

リッツカールトン 京都 プール

屋内の施設なので1年中利用することができます。

4~15歳は保護者の同伴が必要。
オープン時間は6:00~22:00です。

プールの他にドライサウナやスチームサウナがあります。

リッツカールトン 京都 プール

プールサイドにはチェアが並べられており、ここでのんびりとくつろぐことができます。

リッツカールトン京都 プラチナ

チェアでいただく用に水や紅茶、リンゴがありました。
こんなに優雅なプールは初めてです(笑)

チェックアウト時には!?

車で来ていたのでチェックアウト時に車を出してもらうようにお願いしました。
無事、チェックアウトも済み車に乗り込むと、、、、

リッツカールトン 京都

なんと水と手紙が置かれていました!!
なんという粋なはからい!!

僕はリッツカールトン京都のファンになりました(笑)

リッツカールトン京都は日本最高峰のホテル

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回は日本でもトップクラスのクオリティであるリッツカールトン京都の宿泊レビューでした。

そして改めてSPGアメックスカード、マリオットの上級会員の素晴らしさを思い知る体験でもありました。

SPGアメックスカードというクレジットカードを作成することにより、通常であれば年間25泊しなければなることのできないマリオットグループのゴールド会員に無料でなることができ以下の特典を受けることができます。

  • 客室の無料アップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ゴールド会員専用の予約デスク
  • 無料インターネットサービス(Wi-Fi)
  • ルームタイプ保証
  • 滞在時25%のボーナスポイント付与

などと至れり尽くせりです。
SPGアメックスカードについては以下の記事で紹介しているのでよろしけばご参考ください^^
私からの紹介にて入会することによりボーナスポイントを獲得することができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事