台湾桃園空港 プライオリティパス

台北旅行に行った際に台湾を代表する空港である台北桃園国際空港(TPE)の第1ターミナルを利用しました。

飛行機の登場時間まで3時間ほどあったのでプライオリティパスを使ってラウンジに行き時間を潰すことにしました。

本記事では

  • 台北桃園国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ
  • 第1ターミナルにて利用したラウンジを2つ

紹介しています。

プライオリティパスがあれば世界中の空港でとても綺麗なラウンジを利用することができ、長い待ち時間も苦になりません!!
クレジットカードで利用できるラウンジとは大違いです。

スポンサーリンク

台北桃園交際空港でプライオリティパスを使える場所は5箇所

台北桃園空港 プライオリティパス

台北桃園国際空港には第1ターミナル第2ターミナルの2つのターミナルがあります。

各ターミナルにあるプライオリティパスが使えるラウンジは以下の通りです。

第1ターミナル
・プラザプレミアムラウンジ(北側)
・プラザプレミアムラウンジ(南側)
第2ターミナル
・ザ・モア・プレミアムラウンジ
・プラザプレミアムラウンジ
・プレザプレミアムラウンジ(オープンスペース)

各エアラインが利用するターミナル一覧

利用するエアラインによって離発着するターミナルが異なるのでご自身が利用するエアラインとターミナルを以下のリストで確認しておきましょう^^

第1ターミナルを利用するエアライン
・キャセイパシフィック航空
・タイ国際航空
・エミレーツ航空
・ベトナム航空
・マレーシア航空
・エアアジアやピーチなどのLCC
第2ターミナルを利用するエアライン
・シンガポール航空
・全日空(ANA)
・香港航空
・日本航空(JAL)
・デルタ航空
・その他レガシーキャリア
台湾のエアラインであるエバー航空とチャイナエアラインは第1、第2のどちらのターミナルも利用するので搭乗券をよく見て確認しておきましょう^^
LCCを利用する場合、必ず第1ターミナルを利用します。

今回利用したのは第1ターミナル

台北桃園空港 プライオリティパス

今回、僕はエアアジアを利用したので第1ターミナルを利用しました。

第1ターミナルにあるプライオリティパスで利用可能なラウンジは

  1. プラザプレミアムラウンジ(北側)
  2. プラザプレミアムラウンジ(南側)

の2つのラウンジで今回は2つとも利用しました。

台北桃園空港の第1ターミナルと第2ターミナルは空港内のシャトルバスやMRT桃園空港線を利用して行き来することができます。
スポンサーリンク

2つプラザプレミアムラウンジはほとんど同じ

台湾桃園空港 プライオリティパス

台北桃園空港の第1ターミナルにはプライオリティパスを使って利用することができるラウンジはプラザプレミアムラウンジの北側と南側の2箇所あり、それぞれほとんど隣り合っています。
台北桃園空港 プライオリティパス

台北桃園国際空港 公式HPを基に作成

プラザプレミアムラウンジは出国審査を抜けた後の4階にあり、そこにはキャセイパシフィック航空やチャイナエアラインのラウンジもあります。
北側と南側では置いてある料理や飲み物、ラウンジの構造はほとんど同じですが決定的に違うのは”営業時間””シャワーの有無”です。
プラザプレミアムラウンジ 北側と南側の違い
北側
・営業時間:24時間
・シャワー有り
南側
・営業時間:6時〜22時
・シャワー無し

食べ物 〜オーダー方式の料理もあります〜

台湾桃園空港 プライオリティパス

食べ物は基本的にビュッフェ形式で中華料理がほとんどでチャーハンや炒め物は冷めないように温められていました。

なぜか、たこ焼きもありました(笑)

台北桃園空港 プライオリティパス

台湾のソウルフードであるピータン(茶葉蚕)もたくさんありました。

台北桃園空港 プライオリティパス

サラダやデザートも種類豊富でこちらは冷やされていました。

台北桃園空港 プラザラウンジ

プラザプレミアムラウンジにはオーダー式の料理があり、何回も好きなだけオーダーすることができます。

メニューは時期によって異なりますが主に牛肉麺やうどんなどの麺類や鶏肉飯(ジーローファン)などのご飯類とスープです。

台北桃園空港 プライオリティパス

1つ1つの量は少ないですが、美味しかったです。

麺の量はだいたい1/2~3玉くらいなのでしっかりと食べたい方は2~3個オーダーすると良いと思います。

台北桃園空港 プライオリティパス

種類は少なかったですがパンもありました。

トースターもあるので焼きたての状態で食べることができます。

飲み物

台北 桃園空港 ラウンジ

ソフトドリンクや牛乳、フルーツジュースは冷蔵庫の中にありました。

コーラなどの炭酸飲料はドリンクサーバーから注ぐ方式です。

台湾桃園空港 プライオリティパス

もちろんコーヒーメーカーもあり、アイスとホットの両方を飲むことができます。

台湾桃園空港 プライオリティパス

わかりづらいですが、台湾ビールのビールサーバーがあり生ビールを飲むことができます。

台北桃園空港 プライオリティパス

赤白の2種類のワインとスパークリングワインがありました。

リキュールやウィスキーは見当たらずアルコールの種類は少なかったです。

台湾桃園空港 プライオリティパス

おつまみ代わりになるクッキーやナッツもあります。

スポンサーリンク

プラザプレミアムラウンジ(北側)

台湾桃園空港 プライオリティパス

まずは24時間営業をしていてシャワーを利用することができる北側のプラザプレミアムラウンジを紹介します。

台湾桃園空港 プライオリティパス

プライオリティパスのマークがあることを確認。

他にもタイ国際航空やターキッシュ航空などのビジネスクラス利用客も使うことができるラウンジです。

ラウンジの雰囲気

台湾桃園空港 プライオリティパス

料理やドリンクは先ほど紹介したので割愛しています。

テーブル席やカウンター席があり、70~80人くらいは入れそうな広さでした。

台北桃園空港 プライオリティパス

奥にはソファ席もあり、各座席にはコンセントがありました。

椅子同士の距離が近いので2人で利用するとちょうど良いと思います。

プライオリティパス 台湾

六角形の形をした一人用のブース席もありコンセントやUSBポート、照明もあるので読書や作業をするのにピッタリな場所です。

周りが仕切られているので集中することができます。

プラザプレミアムラウンジ(北側)ではシャワーを浴びることができる

台北 プラザレミアムラウンジ シャワー

僕は、利用していませんがプラザプレミアムラウンジ(北側)ではシャワーを浴びることができます。

ラウンジ内に設置されているわけではなく、受付をしてバスタオルなどのアメニティを受け取り隣のフロアにあるシャワーエオ利用します。

プラザプレミアムラウンジ(北側)のシャワーの利用方法
 1. 受付にてアメニティを受け取る(その際に利用できるシャワールームの番号を教えてもらう)
2.隣のフロアに移動してシャワールームを利用
3.受付に戻り、アメニティを返却

プラザプレミアムラウンジ(南側)

台北桃園空港 プライオリティパス

続いてすぐ近くにあるプラザプレミアムラウンジ南側を紹介します。

このラウンジはタイ国際空港の提携ラウンジにもなっています。

北側との違いは

  • 営業時間が6時~22時
  • シャワーが無い

くらいで料理やドリンクは同じなので空いている方を利用するようにしましょう。

台北桃園空港 キャセイパシフィック航空

横にはキャセイパシフィック航空のラウンジがあり、こちらはプライオリティパスで利用することはできません。

ラウンジの雰囲気

席数は北側よりも少し多く感じました。
ラウンジの雰囲気は北側と少し異なっています。

台北桃園空港 ラウンジ

仕切りで区切られた一人用の席は南側にもあります。

台北桃園空港 プライオリティパス

奥には一人掛けのソファ席がたくさんありました。

北側とは違って座席同士が適度な距離で離れているので知らない人と対面になっても何も気になりません。

台北桃園空港 プライオリティパス

ラウンジ内では第1ターミナルを出発する飛行機の離陸時間や搭乗ゲート、遅延情報を見ることができます。

空き状況によって2つのラウンジを使い分けよう

台湾桃園空港 プライオリティパス

プラザプレミアムラウンジはプライオリティパスで使えるラウンジの中でもシャワーが使えたり、食事が美味しかったりとかなりクオリティが高いです。

今回紹介したプラザプレミアムラウンジ北側と南側は営業時間とシャワー以外はほとんど変わらないので空いている方を利用するといでしょう。

シャワーを利用する際は北側を利用してください。

プライオリティパスとは?

楽天 プレミアム カード

プライオリティパスとは世界中の400以上の都市、1200箇所以上の空港のラウンジを使うことができるカードで会員ランクによりますが年会費¥20,000〜から利用することができます。

空港によってはレストランで一定金額分の食事が無料になるので空港を利用する方にとっては必要不可欠なカードです。

プライオリティパスについては以下の記事で紹介しているのでよろしけばご覧ください^^

ちなみに楽天プレミアムカードを作成すると年間¥10,800(楽天プレミアムカードの年会費)でプライオリティパスのを利用することができます。

成田空港やニューヨークのJFK空港でもラウンジ利用し、快適な時間を過ごすことができました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事