インターコンチネンタル横浜Pier8

横浜の有名な観光地である赤レンガ倉庫の近くにあるホテル

インターコンチネンタル横浜Pier 8の宿泊記

です。

管理人 ユウト
都会と海の両方を満喫できるホテルです。

本記事では実際に泊まってきた筆者が画像ばかりで、以下の内容を紹介しています。

  • 宿泊した【クラブダブルルーム シティビュー】の様子
  • クラブラウンジについて
  • ホテル内の施設(ルーフトップやフィットネスジム)

「横浜でおすすめのホテルを探している」
「泊まる前にどんなホテルかが知りたい!
という方におすすめの記事です。

スポンサーリンク

インターコンチネンタル横浜Pier 8は海を間近に感じられるホテル

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

インターコンチネンタル横浜Pier 8は埠頭の上にあるホテルで、2019年10月にオープンしました。

横浜ハンマーヘッドという客船ターミナルの中に入っているこのホテルは周りを海に囲まれています。

インターコンチネンタル横浜Pier 8はこんなホテル
  • 客船ターミナルに併設しているホテルなので海が近い
  • 赤レンガ倉庫やみなとみらいまで徒歩圏内(部屋からは景色が見えます)
  • クラブラウンジがおすすめすぎる

アクセス

最寄り駅は「馬車道駅」・「桜木町駅」・「みなとみらい駅」です。

最寄り駅からインターコンチネンタル横浜Pier 8までのアクセス
  • みなとみらい線「馬車道駅」、「みなとみらい駅」より徒歩10〜12分
  • JR京浜東北線、根岸線「桜木町駅」より徒歩15分 (※桜木町駅からはバスが出ています。)

それぞれ、1度の乗り換えが必要になりますが羽田空港や新横浜駅からのアクセスも良いホテルです。

インターコンチネンタル横浜Pier8を満喫する3つのポイント

以下の3つポイントを抑えるておけばインターコンチネンタル横浜Pier8を100%満喫することができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8を楽しむための3つのポイント
  1. クラブフロアに宿泊する
  2. シティービューの部屋にする
  3. 宿泊者専用のルーフトップに行く

宿泊するならクラブフロアがおすすめ

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

クラブインターコンチネンタルと呼ばれています

 

このホテルに泊まるのであれば絶対に

クラブフロアがおすすめ

です。

その理由は”クラブラウンジの食事のレベルが高いので外食する必要がない”からです。

クラブラウンジはクラブフロアの宿泊者のみが利用することができ、営業時間である7:00~21:00の間に4種類のフードプレゼンテーションが開催されます。

  1. 朝食(7:00~11:00)
  2. アフタヌーンティー(14:00~17:00)
  3. カクテルタイム(17:30~19:30)
  4. ナイトキャップ(19;30~21:00)

管理人 ユウト
どの時間帯の料理もとても美味しく、満喫することができました!
クラブラウンジの食事のレベルが高いから外食する必要がない
インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

朝ごはんでステーキを食べることができます

 

クラブラウンジで提供される料理のレベルは非常に高いので、外食する必要がありません。

通常の部屋とクラブフロアの価格差は15,000円~20,000円ほどなので、その価格差で1日中ホテルを出ることなく、食事を満喫できることを考えると非常にお得です。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

お酒も飲み放題、シャンパンやカクテル、焼酎など様々なメニューがありました。

シティビューの部屋がおすすめ

インターコンチネンタル横浜Pier 8の客室の眺めには以下の3種類があります。

  • シティビュー
  • ベイビュー
  • ガーデンビュー

インターコンチネンタル横浜Pier8 シティビュー

この中でも一番おすすめなのは

シティビュー

です。

インターコンチネンタル横浜Pier8 宿泊記

ルーフトップからの眺め

 

なぜなら、「ベイビューの景色はクラブラウンジや宿泊者専用のルーフトップから眺めることができるから」です。

ガーデンビューの部屋は広いのですが、シティビューやベイビューと比べると見劣りしてしまいます。

管理人 ユウト
なので、おすすめの眺めはシティビューです。
スポンサーリンク

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記:チェックイン

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

JR桜木町駅からタクシー配車アプリであるMOVを利用して、ホテルまで行きました。

荷物が少ない場合は、みなとみらい駅から街並みを眺めながら歩いて行ってもいいですね。

MOVはスマホ1つでタクシーを配車することができる、とても便利な配車サービスです。

エントランスは地味ですが中に入ると圧倒されます

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

エントランスはかなり地味でシンプルな構造です。

常にベルマンが常駐しており、笑顔で出迎えてくれ、荷物等を預かってくれます。

セキュリティがしっかりとしており、ルームキーがないとホテル内に入ることができません。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

エントランスを抜けると現れる螺旋階段は迫力がありました

ここから2階に上がることができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

横にはエレベーターがあり、チェックイン後はこのエレベーターから客室階まで上がることができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

2階はロビーエリアになっており、テラス席があるレストランもあります。

木と白を中心とした内装は航海を感じさせてくれます。

管理人 ユウト
各フロアの内装が統一されていて、とても綺麗でした!

5階のクラブラウンジでチェックイン

インターコンチネンタル横浜Pier 8 クラブラウンジ

今回はクラブフロアに宿泊したので、5階のクラブラウンジにてチェックインをします。

チェックイン後にアフタヌーンティーをいただくことができました。

スポンサーリンク

クラブダブルルームに宿泊【シティビュー】

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

客室はとても広く、全室45㎡以上あります。

 

ここからは実際に宿泊したクラブダブルルームのシティビューを紹介していきます。

最上階である5階の532号室に宿泊。

管理人 ユウト
クラブラウンジと同じ階なので、エレベーターを使うことなく部屋まで行くことができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

部屋に入ると右手にはウィークインクローゼットがあります。

とても大きくて、ハンガーもたくさんあるので、たくさんの荷物を置くことができます。

客室からはみなとみらいの街並みを一望

インターコンチネンタル横浜Pier8 シティビュー

窓がとても大きいのが特徴で、このシティビューの部屋からはみなとみらいの街並みを一望。

夜になるとライトアップされた夜景を見ながら部屋でくつろぐことができるので、かなりリラックスすることができます。

ミニバーがおしゃれすぎる

インターコンチネンタル横浜Pier8 宿泊記

このホテルのミニバーはとてもおしゃれで
まるでトランクのようなデザインをしています。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記 インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

扉を開けるとミニバーが現れます。

中にはillyのエスプレッソマシンやバミューダのポッド、お酒のミニボトルなどが置かれています。

コーヒーやTWGの紅茶、ペットボトルの水は無くなったら補充してもらえます。

 

インターコンチネンタル横浜Pier8 宿泊記

ウェルカムギフトとして3つの味のモナカがありました。

どれも美味しかったです。

ソフトドリンクは全て1杯目が無料

インターコンチネンタル横浜Pier 8 ミニバー

下の引き出しは冷蔵庫になっておりソフトドリンクやチョコレートが入っています。

 

ソフトドリンクは1杯目が無料で、コーラやフルーツジュースなど10種類近いドリンクが無料で飲むことができます。

※2本目以降の追加オーダーは有料です。

管理人 ユウト
「ホテルの外やルーフトップでみなとみらいの景色を見ながら、ソフトドリンクを飲む」というこのホテルならではの楽しみ方もあります。
インターコンチネンタル横浜Pier 8のミニバーについて
  • 【無料】各種ソフトドリンク(1杯目のみ)、ペットボトルの水、紅茶やコーヒー等、ウェルカムギフトのお菓子
  • 【有料】お酒のミニボトル、ビールやワイン、冷蔵庫の中に入っているお菓子

バスルーム

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

バスルームは独立式になっていて、通常のシャワーもオーバーヘッドシャワーも備え付けられています。

大きなガラスで仕切られているので、遠くからになりますが外の景色を眺めたり、リビングにあるテレビを見ながら優雅なバスタイムを過ごすことができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 バスルーム

ボタン1つでガラスにスモッグを貼ることもできます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

壁にかけられた鏡やバスタオルがとてもおしゃれです。

バスアメニティはアラグリア

インターコンチネンタル横浜Pier 8 アメニティ

バスアメニティはアメリカのサンフランシスコ発のブランドである”アラグリア”です。

レモン系の爽やかな香りで、好き嫌いが別れそうなだと思いました。

1泊では使いきれないので、余りは持ち帰って家で使うのがおすすめです。

インターコンチネンタル横浜Pier 8の施設

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

インターコンチネンタル横浜Pier 8の館内にある施設を紹介していきます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8の施設
  • レストラン:「Larboard」「かたばみ」
  • 宿泊者専用のルーフトップ
  • 中庭
  • フィットネスルーム&スパ

レストラン以外の3つを利用したので順番に紹介していきます。

管理人 ユウト
特にルーフトップからの景色は絶品なので必ず行きましょう!

宿泊者専用ルーフトップからの景色は絶品

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

最上階には宿泊者専用のルーフトップがあり、目の前にはベイブリッジや赤れんが倉庫が広がります。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

椅子やソファが置かれており、綺麗な景色を見ながらくつろぐことができます。

夜景も綺麗です

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

夜景もとても綺麗で涼しいので将来的にはここをルーフトップバーとして改造するのかもしれません。

中庭

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

建物の内側の3階より上は吹き抜けになって、そこに中庭があります。

管理人 ユウト
ガーデンビューのガーデンはこの庭を指しています。
この中にはレストラン鮨処「かたばみ」の入り口もあります。

フィットネスルーム&スパ

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

4階にはフィットネスルームとスパがあります。

共に宿泊者専用で、ジムは24時間利用することができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

ジムにはランニングマシンやバイク、ヨガマットなどが置かれており、ダンベルやマシンはありませんでした。

水やタオルは置いてあるので、部屋で着替えるだけで、手ぶらで利用することができます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8のジム&スパ
  • ジム:24時間利用可能
  • スパ:11:00~18:00(予約制)

共に宿泊者専用。

まとめ:インターコンチネンタル横浜Pier 8宿泊記【泊まるならクラブフロア一択】

インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊記

最後まで読んでいただきありがとうございます。

インターコンチネンタル横浜Pier 8のクラブフロアの宿泊記でした。

本記事の内容をおさらいすると

インターコンチネンタル横浜Pier 8を利用する際のポイント
  • クラブラウンジが使えて、食費がかからないのでクラブフロアがおすすめ
  • ビューはシティビューにしましょう
  • 宿泊者専用のルーフトップは行かないと損です

海の上に建っているという特殊なホテルで、海を感じることができました。

横浜に行った際はインターコンチネンタル横浜Pier 8に宿泊してみてはいかがでしょうか?

このホテルのクラブラウンジについて紹介している記事や

他にも様々なホテルの宿泊記がありますので、よろしければご覧ください。

リッツカールトンのスイートルームや

日本には大阪にしかないセントレジスホテルのスイートルームなど

スポンサーリンク